キッチン家電

クッキングプロV2とクッキングプロの5つの違いとは?比較してみました

ほったらかしで時間をかけずにかんたんにいろいろな料理ができると人気のショップジャパンのクッキングプロ。

その新機種のクッキングプロV2と旧型はどう違うんでしょうか?

クッキングプロV2とクッキングプロの違いは

・1台8役から9役へ
・コンパクトサイズ2.4Lが追加
・調理圧力がパワーアップ
・自動調理メニュー追加
・お手入れモード搭載

と進化したことです。

↓↓↓新型クッキングプロV2 3.2L

↓↓↓新型クッキングプロV2 コンパクトサイズ2.4L

↓↓↓クッキングプロ

クッキングプロV2とクッキングプロの5つの違いとは?

クッキングプロV2とクッキングプロの違いを詳しくみてみましょう。

8役から9役へ

従来のクッキングプロは

圧力調理
炊飯
無水調理
温め直し
煮込み調理
蒸し調理
スロー調理
炒め調理

の8役でしたが、
クッキングプロV2は
発酵調理が加わりました。

発酵では
発酵調理では
・手作りみそ
・ヨーグルト
・クリームチーズ

などの発酵食品を作ることができます

コンパクトサイズ

従来の3.2Lサイズに加えて、2.4Lのコンパクトサイズ(4人分)が出ました。

3.2Lは6人分、2.4Lは4人分が目安で、従来のものが多いすぎるという少人数のご家庭に対応しました。

調理圧力がパワーアップ

調理に使う圧力が50kPaから80kPaに約1.6倍アップしました。

食材にかかる圧力が大きくなるので、料理がよりおいしくなります。

自動調理メニューが追加

食材を入れてボタンを回して選んでボタンを押すだけで自動で調理してくれる、
自動調理メニュー
を内蔵。

3.2L型は100種類、2.4L型は80種類を内蔵しています。

お手入れモード搭載

お手入れモード搭載で気になる油汚れやにおいを和らげてお手入れをラクにします。

さらに、内なべを取り外して洗うことができます。

内なべは焦げ付き防止加工なので、汚れが取れやすくなっています。

クッキングプロ仕様比較表

  クッキングプロV2(3.2L) クッキングプロV2(2.4L) クッキングプロ
サイズ 約 幅295mm×高さ297mm×奥行292mm 約 幅275mm×高さ280mm×奥行274mm 約 幅285mm×高さ273mm×奥行295mm
重量 約 3.8kg 約 3.3kg 約 3.6kg
調理容量 約 2.1L 約 1.6L 約 2.4L
消費電力 700W 700W 700W

↓↓↓新型クッキングプロV2 3.2L

↓↓↓新型クッキングプロV2 コンパクトサイズ2.4L

↓↓↓クッキングプロ

クッキングプロV2のその他の特長

換気ボタン搭載

調理が終わっても、減圧が終わらないと取り出して食べられないというのが圧力鍋の弱点でしたが、このクッキングプロV2は換気ボタンで強制減圧できるので、急いでいるときに便利です。

予約機能

調理完了時間が最大12時間まで設定できます。

食べたい時間に合わせてセットすると、できたてが食べられます。

炊飯目盛り

なべの内側に、白米・玄米・おかゆ、の水量も目盛り付きです。

さいごに

クッキングプロV2とクッキングプロの違いを見てみました。

この圧力鍋を使えば、やわらかくおいしい料理を食べられます。

しかも、ボタンを押すだけであとは自動なので、その分の時間を他の家事や育児などに充てられますね。

ぜひ検討してみてください。

↓↓↓新型クッキングプロV2 3.2L

↓↓↓新型クッキングプロV2 コンパクトサイズ2.4L

↓↓↓クッキングプロ