家電

リンサークリーナー・RNS-P10-WとRNS-300の8つの違いをサクッと比較

テレビでも紹介されて注目されているアイリスオーヤマのリンサークリーナー。

新型RNS-P10-Wと旧型RNS-300の2種類あるのですが、どう違うんでしょうか?

リンサークリーナー・RNS-P10-WとRNS-300の違いは、

・サイズ
・タンク容量
・タンクの給水・洗浄のしやすさ
・ホース長さ
・付属ヘッドの数
・散水方法
・運転音の大きさ
・価格

です。

1つずつ見ていきましょう。

リンサークリーナー RNS-P10-W(新型)

リンサークリーナー RNS-300(旧型)

リンサークリーナー・RNS-P10-WとRNS-300の違いとは?

リンサークリーナー・RNS-P10-WとRNS-300の違いとは?
1つずつ見ていきます。

サイズ

新型RNS-P10-Wは、旧型RNS-300に比べて幅・奥行が少し大きくなっていて、高さが低くなっています

サイズ比較表

  RNS-P10-W(新型) RNS-300(旧型)
290mm 248mm
奥行 180mm 146mm
高さ 270mm 312mm

タンク容量

新型RNS-P10-Wは、旧型RNS-300より清水タンク(きれいな水のタンク)の容量が大幅にアップ

頻繁に給水しなくても良くなりました。

タンク容量の比較

  RNS-P10-W(新型) RNS-300(旧型)
清水タンク(きれいな水) 1.1リットル 0.3リットル
回収タンク(きたない水) 0.4リットル 0.5リットル

タンクの給水・洗浄のしやすさ

新型RNS-P10-Wは、旧型RNS-300より清水タンクと回収タンクの口が大きくなり、給水、排水がしやすくなっています

特に回収タンクは口が約7cm×14cmと大きくなっていて、手を入れて洗いやすく、お手入れのラクになっています。

ホースの長さ

ホースの長さは
新型RNS-P10-W 1.2m
旧型RNS-300 1m
20cm長くなって、使っているときの取り回しがしやすくなっています。

付属ヘッドの数

旧型RNS-300は付属するヘッドがブラシ付きヘッドのみでしたが、新型RNS-P10-W
はT型ヘッドをプラス。

T型ヘッドで狭いところ、すきまに入りやすくなって、吸い込みやすくなりました

散水方法

清水を出す方法は、旧型ではレバー式だったのですが、新型では握ると自動で水が出るようになってラクになりました。

運転音の大きさ

水を吸うという機械なので、どうしても掃除機みたいな音が出てしまうのですが、新型は旧型に比べて音が10デシベル静かになりました

価格

新型RNS-P10-Wと旧型RNS-300では価格差が6000円ほどあります

そこそこの機能があれば安いほうがいい、という場合は旧型でいいのかもしれません。

リンサークリーナー RNS-P10-W(新型)

リンサークリーナー RNS-300(旧型)

リンサークリーナー・RNS-P10-WとRNS-300の共通の特長は?

RNS-P10-WとRNS-300の共通の特長はこちらです。

洗えないものをキレイに

ソファやカーペット、車のシートやイスなど、汚れやすいけれど洗うのが難しいものをキレイにします。

汚れは見た目が悪いだけではなくニオイの原因にもなるので、キレイにしたいですよね。

リンサークリーナーなら水だけで強力に汚れを吸い取ります

洗いたいけど洗えないモヤモヤや、お子さんが汚したり、ペットが粗相したりするときのイライラが減りますし、時短にもなります

水だけなのでお子さんやペットにも安心です。

使い方はカンタン

リンサークリーナーの使い方は

①清水タンクに水道水を入れてセット
②電源を入れる
③トリガーを引いて水をかける
④ハンドツールをあてて吸い込む
⑤汚水を捨てる

と非常にカンタンです。

ブラシ付きハンドツール

ハンドツール(汚れを吸い込むところ)にはブラシも付いていて、汚れを落ちやすくしています

お湯や洗剤も使える

汚れが頑固な場合は、お湯や洗剤も使えます。

お湯は40℃のものまでなら使えます

洗剤はアルカリ電解水や重曹などの泡が少ないものは使えます。

台所用中性洗剤などは泡が内部に入ってしまうため、使えません

お手入れカンタン

タンクやハンドツール、ホースはかんたんに外して水洗いすることができますので、清潔に保つことができます。

リンサークリーナー RNS-P10-W(新型)

リンサークリーナー RNS-300(旧型)

リンサークリーナーRNS-P10-WとRNS-300の売ってる場所は?

リンサークリーナーは

・アイリスオーヤマ公式ショップ
・楽天市場
・Amazon
・yahooショッピング

で販売しています。

公式ショップ以外のところから、ポイントがどのくらい付くか考えて選ぶのが一番安く買う方法です。

でも、おすすめなのは公式ショップです。

なぜかというと、公式ショップで購入すると、通常1年間のメーカー保証が1年間延長して2年間になるんです。

公式ショップとそれ以外では価格差が3000円ほどありますが、万一故障した場合を考えたら公式のほうがいいのではないでしょうか。

リンサークリーナー RNS-P10-W(新型)

リンサークリーナー RNS-300(旧型)