家電

コイズミの目玉焼きも焼けるトースター KOS-0703とKOS-0601の違いを比較

パンと目玉焼きを同時に焼くことができ、天空の城ラピュタに出てくるラピュタパンも作れるコイズミのトースター・KOS-0703とKOS-0601。

この2つはどう違うんでしょうか。

まとめてみました。

↓KOS-0703(旧型)

↓KOS-0601(新型)

KOS-0703とKOS-0601の違いを比較

KOS-0703(旧型)とKOS-0601(新型)の違いはどうなっているのでしょうか。

まずは目玉焼きを焼くトレーの場所

KOS-0703はトースター上部(外)ですが、KOS-0601はトースター内部。

KOS-0703は上部のトレーに乗せて、フタをして焼くようになっています。

KOS-0601は専用のトレーに乗せてフタをしてからトースター内部の上段のスペースに入れて焼くようになっています。

もう1つは本体の大きさ

KOS-0703は横長で多少スペースを取りますが、KOS-0601は縦長のため、スペースがないキッチンでも置くことができます。

KOS-0601の面積はA4用紙の大きさに収まるサイズです。

高さ・奥行きはほとんど変わりません。

次に、ヒーターの温度調節

KOS-0703は3段階ですが、KOS-0601は70℃から210℃まで8段階と細かい調節ができるようになっています。

消費電力はKOS-0703は合わせて800w。

KOS-0601は580Wとなっています。

あとは値段

当然かもしれませんが、多くのショップで旧型のほうがお安くなっています。

↓KOS-0703(旧型)

↓KOS-0601(新型)

KOS-0703とKOS-0601の電気代は?

電気代はどのくらいかかるんでしょうか?

KOS-0703は消費電力は800wです。

これを、1日に10分、毎日(30日)使うとすると、月に120円くらいになります。

KOS-0601は消費電力は580w
これを、1日に10分、毎日(30日)使うとすると、月に90円くらいになります。

その他の仕様

KOS-0703とKOS-0601の仕様はこちらです。

・本体サイズ

KOS-0601
約(W)176×(D)243×(H)278

KOS-0703
約260(W)×256(D)×246(H)mm

・タイマー
15分

・温度調節
KOS-0703は3段階ですが、KOS-0601は70℃から210℃まで8段階

・ヒーターの消費電力

KOS-0703は
消費電力:800W(上:420W・下:380W)

KOS-0601
消費電力:580W
上:204W×2本
下:172W×1本

↓KOS-0703(旧型)

↓KOS-0601(新型)

KOS-0703の口コミ評判は?

KOS-0703の口コミを集めてみました。

コンパクトだけどパワーがあります
楽天みんなのレビューから

目玉焼きも半熟で美味しく出来上がります。
楽天みんなのレビューから

本当にコンパクト。思った以上に小さくて軽いです。ただダイヤルの部分がわかりにくいです。
楽天みんなのレビューから

トーストは2分、目玉焼きも4分くらいで焼き上がり、
朝の忙しい時に大変助かります。
楽天みんなのレビューから

可愛いいです!がコードが短かすぎです
楽天みんなのレビューから

評価はおおむね良く、機能的には悪い評価を付けている人はいません。

ダイヤルがわかりにくいというのは、説明書を見ればわかると思います。

また、コードが短いという人もいますね。

コードの長さは約1メートルなので、置く場所によっては延長コードが必要かもしれません。

↓KOS-0703(旧型)

↓KOS-0601(新型)

さいごに

このコイズミのトースターは、
・パンと目玉焼きが一緒に短時間で作れる
・コンパクト
・おしゃれなデザイン
と好評で一人暮らしや二人暮らしの人にはピッタリだと思います。

ぜひチェックしてみてください。

↓KOS-0703(旧型)

↓KOS-0601(新型)